墓じまいをした後の供養は?

大事な人のお墓を無縁墓にしないために

団塊ジュニアと呼ばれる世代の人たちが定年退職するようになってから、にわかに注目されるようになったのが墓じまいという概念です。就職するために上京してからそのまま結婚し、生活の拠点をその場所に固定した人が多いので、中高年になってから実家のお墓をどうするべきかという問題に直面するようになりました。管理する人がいなくなり、お墓の手入れがされないままの無縁墓が急増した理由もここに隠されています。無縁墓の問題を解決するために行われるのが墓じまいです。墓じまい後は、新しい墓地に改葬したり、菩提寺に永代供養したりするケースが多く見られます。お墓の管理・維持にはお金がかかるので、経済的な負担を避ける目的でも行われていますね。

選択肢が増えた供養方法

墓じまいをした後は、公営墓地や菩提寺の永代供養墓に改葬・合祀する選択をする人がたくさんいます。寺院が持っている納骨堂も増えてきました。しかし、供養方法の選択肢はこれだけではありません。遺骨をパウダー状に粉砕してから海や山に散骨する自然葬や、遺骨を小さなカプセルに入れて持ち歩いたり、加工して手元に残しておく手元供養という方法もじわじわと人気を集めています。遺骨カプセルもアクセサリーとして違和感のないおしゃれなデザインが増えていますし、加工する場合もダイヤモンドや翡翠のような石に生まれ変わらせることも可能です。自然葬は低予算でできる海洋散骨がメディアなどで取り上げられたことで注目されるようになりました。