お墓が遠方にあってお墓参りにも行けない!

墓じまいという選択肢

お墓参りに行きたいけれど、他府県にお墓があると日々の生活では中々大変。
お盆休みは道も渋滞してしまい、気が滅入ってしまって一年に一度お墓参りに行く事も難しいご家庭も多くあると聞きます。
将来の事を考えると、いっそ『墓じまい』をしてご供養の方法を見直しするのが良いかもしれません。
墓じまいは、今あるお墓を撤去し、更地に戻す事を言います。
更地に戻した後のご供養に関してはたくさんの選択肢があり、代表的なものに「家の近くに新しいお墓を建てる」「自宅で供養する」「自然葬や散骨をする」「家の近くの納骨堂を探す」などがあります。
『墓じまい』と言葉だけ聞くとご先祖様に申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、『ご供養するためのお引越し』と言葉を変えてみると少し見え方が変わることでしょう。

手続きが面倒なのではないか?

『墓じまい』をするにしても手続きが面倒なのではないか?と考えてしまいますよね。
また、遠方にあるお墓を撤去する際には、何度も足繁く通って手続きするのは重労働になります。
そんな時にサポートしてくれる『墓じまい代行サービス』というものがあるのをご存じでしょうか。
遺骨の移転先を決めた後、必要な手続きを代行してくれるサービスがあります。
手続き以外にお墓の解体・撤去も含めてすべて対応してくれる代行サービスもあります。

こういった墓じまい代行サービスを利用すれば、切実ですが面倒……な手続きをおまかせしてしまえるのです。

『墓じまい』という方法で、ご先祖様のご供養について将来を見据えた見直しをしてみてはいかがでしょうか。